Top Image

“CPP”とは

“CPP” = Creative Power Play

映像制作、映像クリエイティブの活性化を目指す新しい有機的フレーム(繋がり)。 リアルイベントの企画主催を軸に、イベント情報の発信、ラーニングコンテンツ配信などを発信していきます。
主催イベントはすべてプレイヤー(来場者)参加形式で、キープレイヤー(ゲストスピーカー)が提言した話題について、話し合い、語り合い、構想アイディアを交わすための、映像制作者/クリエイター/業界関係者の垣根を超えた社交場です。

  • Design
  • Mobile
  • Film
  • Photo

イベント

 

CPP ##1401 スペシャルオプション企画
ISMP 横山智佐子先生 編集添削/Editing Score Check

  • 応募締め切り 3月22日(土)6:00まで

★ お申し込み

--- 本イベントは、PeaTiXを採用しています。下記のサイトからイベント登録してください。
イベント申し込みはこちらまで...

PeaTiX


★ PLAY FEE(参加費)

■ウェディングビデオ制作ワークショップ2014-1
~ストーリーを語る編集テクニック/カラーグレーディン グを活かす撮影方法~
のご参加が主な対象

■ムービーチェック(1本・10分以内) 6,000円

※コンビニ / ATM でのお支払いは、2014/03/21 で締め切られます。



★ CPP参加ルールについて

  • 日本の映像クリエイティブに対して前向きに発言、参加して頂ける方。
  • 会場内、終了後のイベント内で公開された情報のSNS発信、またUSTREAM、ツイキャス等での発信禁止を遵守出来る方。

★ 詳細

CPP##1401 ウェディングビデオ制作ワークショップ2014-1 
~ストーリーを語る編集テクニック/カラーグレーディン グを活かす撮影方法~

のご参加者を主な対象に、ハリウッド映画制作の第一線で活躍する映画編集のプロフェッショナルに、自身の映像作品を編集というポイントから、添削チェックして頂ける企画です。

主なチェック項目(各項目を5段階評価で採点します)
  • Cuts(カットとカットのつながり)
  • Choice of Shots(ショット・見せ場の選択)
  • Rhythm(ショットの長さ・間の取り方)
  • Looks & Style(ルックスとスタイル)
  • Sound & Music(音と音楽の使い方)
  • Structure(全体構成)
  • Story Telling(伝えたい事が伝わっているか)
  • Pace(全体のペース)
  • Clarity(内容の分かり易さ)

最後にComment(総評レポート)を頂きます。

 

<参加資格>

・CPP##1401(2/27、つくば市アンジェブリッサ開催)にご参加された方。
・上記ご参加者以外でも参加可能です。

 

<参加(応募)手順>

  1. 編集評価チェックして欲しい動画を、YouTube、Vimeo等の海外でも閲覧可能なフリー動画サイトにアップロード/投稿する。(公開でも非公開でも可ですが、非公開の場合はパスワード等を記入)
  2. 本サイトにて動画アドレス等の必要項目を記入して応募。
    ★応募締め切りは2014年3月22日(土)の朝6:00まで
    (LA現地時間の3月21日(金)1:00pmまで)
  3. ISMP 横山智佐子先生が応募作品を随時観賞チェック。
  4. 3月末日までにご指定のメールアドレスに、規定のチェックシートでレポートが届きます。

※応募者多数の場合は多少レポートの送付が遅れるかもしれませんので予めご了承下さい。

 

<応募規定>

  • 応募される作品の内容は問いません。ウエディングビデオ以外でも、短編映画、PV、ミュージックビデオ、企業VPなど何でも結構です。
  • 一人の方で、複数本の応募が可能です。その際は1本ずつお申し込みをお願いします。
  • 応募作品の尺は、3分〜7分程度に収めて下さい(ショートムービーなどの応募も可能ですが、今回は最大15分程度までとさせて頂きます。)
  • レポート送付後の質問等は、FaceBook等での対応となります。CPPのFaceBookをフォローして下さい。

 

ーーーーーーーーー

横山智佐子プロフィール

三重県出身、米国ロサンゼルス在住。
名古屋女子短期大学を卒業後、(株)ダイエーに入社。3年間会社員勤めの後、1987年に渡米し、1991年、ユニバーシティー・カリフォルニア・サンタバーバラ校映画科卒業。
映画編集者(エディター)を目指し、92年レオナルド・ベルトルッチ監督の「リトルブッダ」で編集室インターンとして、アカデミー賞受賞エディター、ピエトロ・スカリア氏と働き始める。その後同エディターの下、ガス・ヴァン・サント監督の「グッドウィル・ハンティング」、リドリー・スコット監督の「グラディエーター」「ハンニバル」「ブラック・ホーク・ダウン」「アメリカンギャングスター」等でファースト・アシスタント・エディターを務める。
2004年、チーフ・エディターとして独立。「アンティル・ザ・ナイト」「オンリー・ザ・ブレイブ」等ハリウッドのインディペンデントフィルムや、紀里谷和明監督「CASSHERN」「GOEMON」、市川徹監督の「さくら、さくら」「Takamine」等の邦画、そしてドキュメンタリー映画「メモリーオブマイフェイス」「カイトアンドモンスター」「スタンディングオンザエッジオブザソーン」「ビターハニー」等の編集を手がける。
2006年に世界に通用する日本人フィルムメーカーを育てるため、ロサンゼルスに日本語で受講できる本格的な映画学校 ISMP(International School od Motion Picture)を設立。
2010年には、映画プロダクション会社「チーム J プロダクションズ」を設立。長編映画「A Better Place - ロサンゼルス極道戦争」「サキ - 鮮血のアーティスト(主演:国分佐智子)」「ブルーガーデンズ」をエグゼクティブプロデュースし監督も行う傍ら、日本に来日した際は『SmaSTATION!!』を始め、多くのメディアに取り上げられる。2013年には東京、大阪、広島でCPP主催講演会/ワークショップを開催。

バックナンバー

★ CPP ##1308

★ CPP ##1401

★ CPP ##1304

★ CPP ##1305

★ CPP ##1307

★ CPP ##1301

★ CPP ##1302

★ CPP ##1303

Connect

モデレーター:
石川 幸宏(いしかわ ゆきひろ)

プロデューサー/コーディネションプランナー ジャーナリスト/CPPオーガナイズ・ナビゲーター 合資会社シーバーズ/seabirds Inc. 代表

1962年 宮城県仙台市生まれ,神奈川県在住。

<略歴> BGM/音楽広告制作会社、データベースサービスのITベンチャー会社起業を経て、映像技術系ジャーナリストへ転身。
2000年に映像クリエイターのための専門情報誌『DVJAPAN(デジタルビデオマガジン・ジャパン)』(伸樹社)の編集長として10年間就任。2009年4月より、プロデューサー/プランナー/ジャーナリスト/アナリストとして再び活動する傍ら、映像クリエイター支援のメディア活動を継続するため、新たな映像系イベント&ライブストリーミングメディア『DVJ BUZZ TV』として 様々な企画を運営。
プロ映像制作向け製品のPRやSP(セールスプロモーション)に関するツール制作、イベント制作、各種コーディネート、映画製作などにおけるプロデュース、スーパーバイザー、プランニング事業で活動。2013年、映像制作者、クリエイター間の新しいフレームワーク活動としてイベントメディア「CPP/Creative Power Play」を発足。 http://creativepowerplay.jp

また映像技術専門のジャーナリストとして、ビデオサロン、ビデオα、コマーシャル・フォト、月刊ニューメディア、などの専門雑媒体、またPRONEWS等のWebメディアへも執筆寄稿。